3DCG

VR技術

HTC VIVE、LEAP MOTION, OCULUS RIFT, GearVR, KINECT V2, MYO GESTURE CONTROL ARMBAND, Unity, Unreal Engine等を使用したVR技術に現在、取り組んでおります。

各認識技術を併用し、ヴァーチャルな世界をいかにリアルに再現するか、常にアイデアを模索し開発しております。

利用用途例としては、建築シミュレーション、GAME開発が有り、御対応デバイスもWindows、MAC、iPhone、iPad、Android等多種にわたっております。

GAME開発に関しては、今までのゲームには無い没入感のあるリアリティーの高い楽しみ方が出来ます。

また、VR導入のご相談、設置、サポートなども承っております。こちらコンタクトより、お気軽にご相談ください。

 

 

 

YOUTUBEでの動画ですが、ご参考にご覧ください。

事例、弊社デモ HTC VIVE + UNITY3D

HTC VIVEの高性能により、酔いの少ない高精細なモニタリングが出来ます。

250万ポリゴンの建築VRウォークスルーテスト

建築VRテスト

 

事例、東京建物株式会社様 Brillia 日本橋三越前

(即完売となっております。)

 

建築シミュレーションに関しては、説得力のある空間表現が、出来るだけではなく、お客様のニーズに合わせた素材やインテリアの変更を簡単に変更出来、コスト削減に貢献出来ます。

コストのかかるショールームを作る必要はなくなります。

 

 

AR技術

iPhone, iPad, Android等のスマートフォンでのAR技術を得意とし、ご要望に応じてアプリ開発を請負致します。

弊社実績: 熊本県くまモンスクウェア おどるんだモン ARコンテンツ制作(NTT社と共同開発)

 

弊社実績: NTT社『Visual SyncAR』デモ制作

NTT社が開発の『Visual SyncAR』に関してのデモに携わりました。

ご要望があれば、NTT社と相談の上、御対応させて頂く事が出来ます。

 

顔表情認識技術

顔の表情から感情を読み取り、利用する技術です。読み取った感情をCGキャラクターにそのまま受け渡す事が出来ます。

iPhone, iPad, Android等のスマートフォン等のアプリとして利用可能です。

 

 

音声認識技術

音声から発音を読み取り、利用する技術です。

日本語、英語など色々な言語に対応し、CGキャラクターのリップシンクに利用出来ます。

 

深度認識技術

KINECTとUNITYを併用したリアルタイムモーションキャプチャー技術を開発しております。

フルボディーIKや キャラクターとアクターの体格の差を埋める手法をとっております。

音声や表情認識との併用も可能です。

常に更新している為、詳細は直接問い合わせホームから御聞きください。

 

WebGL

HTMLの最新技術、WebGLによる表現を開発しております。

デモをご覧ください。